文字化け

メールが文字化けしたら

送受信に問題はなくても、送受信したメールに対して文字化けが起こってしまい正しく読めないなどといったメールトラブルが起こります。
この問題は文字コードに関するものであり、受け手と送り手で別のメールソフトを取り入れているときなどに生じることが多くあります。
本文全体が文字化けしているならば、エンコードを違うものにすると文字化けが解消されるかもしれません。
メールソフトにあるメニューバーなどから「エンコード」を選択し、日本語(シフトJIS)と設定されているのかどうかを確認しましょう。
日本語(自動選択)が選択されているケースもありますが、日本語(EUC)・日本語(シフトJIS)・日本語(自動選択)のどれかに変えてみると文字化けしていない本文を高い確率で読めるようになります。
これを試しても文字化けが解消しないようなら、一番最初のエンコード設定に戻すことにより文字化けがなくなることもありますので、二通りとも実施してみましょう。
メールのトラブルにおいて文字化けについてのものは珍しくありませんが、化けてしまった文章をテキストファイルに移し、テキストファイルとして保存したものをブラウザで開くと判読可能となっている可能性があります。
これらのことを試しても文字化けしてしまう場合は、文字化けのメールトラブル対策として作られた修復ソフトなどを用いる必要があります。
ただし、ソフトの中には利用しても文字化けしたままのものもありますので、間違いなく悩みが消えるとは断定できません。
この他、受け取る側のメールソフトにて読み取れない文字を使った際にも文字化けが引き起こされるため、気を遣いましょう。