Eメール 送信失敗

エラーメールが届くケース

メールにまつわるトラブルの中に、送ることができたけど、あとからエラーメールが届いてしまうこともあります。
このようなときには、どこかに問題が生じて届けたい相手にきちんとメールを送れなかったという話になります。
「MAILER-DAEMON」のようなアドレスからのメールを受け取れば、対象のメールが相手に届いていないと認識することができますが、中身を読まないで消去する人も数多くいるようです。
でも、このメールにはどんな理由で受け手に送信することが叶わなかったのか、どういった状態なのかについて書かれているため、きちんと確かめましょう。
そうはいっても、英語の文章になっているので何が記入されているのか把握できず、トラブルに陥ったままでいる人も少なくないので、よく見られるメッセージをお伝えします。
「User unknown」といった文字の入った文章を見つけたら、送り先のメールアドレスが正しくないことが考えられます。
「Host unknown」や「host not found」と記されているなら「@」以降のアドレスが間違っているか、存在していません。
「message size」や「over quota」といった文章がある場合、受信者側のメールボックスに余裕がなかったり、送りたいメールが規定範囲を超えた大きさをしている場合があります。
これ以外にも、相手が受け取りたくないと断っていることを伝えるもの、送信元のメールソフト設定が正確でないことを指摘するものなど、かなり多数のエラーメッセージがあります。
なので、エラーメールが返ってくるトラブルがあった場合、書かれてある言葉を調べたほうが、手っ取り早く原因を究明できるでしょう。